ハチの背中にセンサを搭載、スマート農業用ドローンとして利用–ワシントン大学

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

ワシントン大学の研究チームは、生きたハチの背中に装着できるセンサを使い、気温や湿度などのデータ収集に利用できるシステムを開発した。農場でハチを放して使えば、短い飛行時間というドローンの制約を受けずにスマート農業が実現できるという。
(続きを読む)



274