お米を買うと“第二のふるさと”が手に入る? 「第二の故郷づくりプロジェクト」

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

各地のお米を直接農家から買うということは珍しくないが、それに“田舎に帰る”という特典が付いてくるとしたらどうする? 第2・第3の故郷を持つことで、地方に住む人も都会に住む人も、ほっこり元気になれる仕組みを作ろうとしているのがALLER.1(アレルワン/兵庫)の「第二の故郷づくりプロジェクト」だ。プロジェクトでは、兵庫県や富山県のお米を年間契約で販売(11月~翌年10月)している。そしてお米を買うと、お米を生産している農家に会いに行けるのがこのプロジェクトの最大の特徴だ。故郷のようにふらっと訪ねてみるのもよし、田植えや稲刈りを手伝いに行くのもよし。まさに“第二のふるさと”の感覚で田舎に遊びに行
(続きを読む)



865