ボッシュがトマトづくりに精を出す理由

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

ボッシュが農家に訊いたところ、過去に経験した病害による収穫損失量は70%。甚大な被害である。それを恐れて農家は予防薬を用いるのだが、何せ「予防」のための散布だけに、いつ噴くのが適切なのかがわかりづらい。かといって発生後では効果は限定的。病害が発生しそうな直前に散布することが強く求められてきた。「Plantect」 がそのタイミングを正確に伝える。
(続きを読む)



386