新潟の高温・渇水被害24市町村に拡大 稲など農作物820haに 鶏や乳牛などのへい死も相次ぐ

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

高温・渇水が続いている新潟県で、農作物などの被害が24市町村に広がり、稲が刈れるなどの被害が820haに上っていることが県の調べで分かった。畜産では鶏や乳用牛、水産関係ではニシキゴイのへい死も相次いでいる。

(続きを読む)



1115