ニューヨーク市の学校が次々に植物工場を導入。子供達のフードデザート改善・地産地消を推進

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

米国ニューヨークでは、地産地消・ローカルフードを普及させるため、自治体や地元企業、そして、学校が連携しながら、太陽光・人工光型の植物工場を稼働させ、学生が主体となって運営を行っている事例が増えている。
(続きを読む)



1973