【農業×AI】農家が抱える課題を解決する農業AIまとめ

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

農業の領域でAIの活用が進んでいます。 例えば、オランダではワーヘニンゲン大学らの研究チームが開発している世界初のパプリカ収穫ロボット「スウィーパー」が温室の中を自律的に走行し、パプリカの収穫を自動化しています。 そして、他にも植え付けや育成管理など他のあらゆる部分でのAI活用が進んでいくと期待できます。 そこで今回は、AI×農業の新しい取り組みに関してご紹介していこうと思います。
(続きを読む)



557