日本発・びっくり技術で美味しすぎるトマトを栽培!ロシアの野菜不足の救世主に?【写真】

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

日本の農業ベンチャー企業「メビオール」は、4日から7日にかけて行なわれたロシア最大の農業展示会「黄金の秋」に参加し、ロシアのトマト生産最大手「エコカルチャー」社と事業提携の覚書を交わした。メビオールは、土のかわりに特殊なフィルムを使って野菜や果物を栽培する世界初の技術アイメック®(フィルム農法)を開発し、世界の注目を集めている。この技術を使えば、高品質で安全な野菜を安価に栽培することができる。
(続きを読む)



74