収穫時の低温が冷凍ブロッコリーの軟化に 食感に気温が左右 農研機構

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

農研機構とニッスイは、気温が低い時期に収穫したブロッコリーほど、冷凍加工後に解凍した際の組織軟化が大きいことを発見した。解凍後の組織軟化は食感の低下を引き起こすため、気温の低い時期を避けて収穫することが冷凍ブロッコリーの食感の向上及び品質の安定化につながると考えられる。
(続きを読む)



567