1000キロ先からロボット操作 きゅうり遠隔収穫でAGRISTと協同実験 タカミヤ

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

足場をはじめとする仮設機材のプラットフォーマーであるタカミヤのグループ会社で、農作物を生産、加工、販売するタカミヤの愛菜は、スマート農業DXを推進するAGRISTと協同し、きゅうり収穫ロボットの遠隔収穫体験を実施した。

(続きを読む)



509