台湾での漁電共生型太陽光発電事業へ参画 JA三井リースなど5社

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

イーレックス、九電工の台湾現地法人である九連環境開發、JA三井リース、中央日本土地建物、マニエス台湾の5社は8月31日、台湾での漁電共生型太陽光発電事業検討のため、台湾法人の鼎龍に出資しているが、このほど、鼎龍の事業計画地が漁電共生型太陽光発電事業の特区認定を得たことを発表した。

(続きを読む)



1360