ブドウ収穫後の着色改善方法 標準作業手順書を公開 農研機構

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

農研機構は2月17日、収穫後のブドウの着色を光と温度を用いて効果的に改善する方法を記載した標準作業手順書(SOP)を公開した。収穫時に糖度が十分に高く食味が良好であるにもかかわらず、着色不良になったブドウの果皮色を改善する処理条件などを記載している。

(続きを読む)



716