複数農機を遠隔操作 世界初、北海道で実証 数十キロ先から同時に

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

北海道大学や北海道岩見沢市など4者は、市内の管制室を拠点に数十キロ離れた複数の農地で計4台のトラクターを同時に無人走行させる実証実験をした。走行時に近場での監視を必要としない「レベル3」農機を、遠隔監視の下で複数台同時に動かす実証は世界初。農業者が減る中でも作業を省力化しながら農地面積の維持などができる技術として期待する。

(続きを読む)



118