農林就業53%が高齢者 業種別最多「豊富な経験継承を」 「敬老の日」総務省調査

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

65歳以上の高齢就業者数(2020年)が906万人となり、過去最多を更新したことが、20日の「敬老の日」に合わせて総務省が発表した調査で分かった。産業別の高齢就業者の割合は農業・林業が53%で、全産業中で最も高かった。生産基盤を支える役割に加え、次世代を育てる存在として期待がかかる。

(続きを読む)



56