新規就農に1000万円支援 財源は自治体と折半 農水省22年度

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

農水省は2022年度、新規就農支援を見直す。現行の「農業次世代人材投資事業」などを改め、初期投資を最大1000万円支援する制度を新設するのが目玉。だが、助成額が従来の事業より手厚くなるものの、国だけでなく地方自治体の負担も求める方向で検討。与党や有識者からは、地方の財源確保を不安視する声も上がる。

(続きを読む)



277