人・農地プラン 実効性確保に遅れ 初年度は3% 未実施も1割

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

地域の農地利用の将来像を描く「人・農地プラン」の実効性を高める「実質化」の取り組みが遅れている。農水省の調査によると、初年度の2019年度に取り組みが終わった地域は全耕地面積の3%。

(続きを読む)



734