米産地品種900銘柄迫る 13年連続で増加 多収良食味にシフト

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

2021年産の水稲うるち玄米の産地品種銘柄数は、13年連続で増加し、900に迫る。高価格帯を狙った極良食味米の新規設定は少なく、業務用に向く良食味と多収性を兼ね備えた品種の設定が目立つ。

(続きを読む)



518