起源品種の遺伝追跡 リンゴで手法開発 東京大など

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

東京大学などの研究グループは、国内のリンゴ品種について、起源となる品種の染色体断片の遺伝を追跡する方法を開発した。開発技術は他の作物に応用が可能で、生産者や消費者ニーズに対応した品種開発に役立つとみる。

(続きを読む)



59