微生物と細胞壁成分の葉面散布で酒米16%増収 白鶴と京大の共同研究

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

白鶴酒造は、京都大学農学研究科と共同で、メタノールを栄養源として培養した微生物(メタノール資化性菌)の死菌体またはその細胞壁成分を、出穂後のイネ地上部にスプレー散布することで、酒造好適米(酒米)の収量を増加させることに初めて成功した。

(続きを読む)



243