スマート農業水田作の労働時間短縮を実証 農水省

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

農水省は10月30日、スマート農業実証プロジェクトによる水田作(大規模、中山間、輸出)の実証成果を中間報告として公表。ロボットトラクタや自動水管理システム、農薬散布ドローンなどのスマート技術の導入により、1.5割程度の労働時間が短縮され、スマート農業の有効性が示された。

(続きを読む)



96