和牛遺伝子保護 初の条例 不正流通を防止 鳥取県10月施行へ

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

鳥取県は11日、和牛遺伝資源保護や和牛振興を目的とした全国初の条例案を県議会に提出する。県有種雄牛の遺伝資源を「知的財産」に位置付けると条例に明記し、精液や受精卵など遺伝資源の不正な県外流出を防ぐ狙い。

(続きを読む)



266