「ひこばえ」活用で多収 農研機構 九州中心に普及へ

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

農研機構は9月8日、米の収穫量を飛躍的に高める手法を公表した。ほ場レベルで10a当たり1.5トン多く収穫できる手法で、九州における再生二期作の現場で実証した。得られた知見をもとに、加工用米や業務用米の画期的な低コスト生産技術として九州中心に普及させていく考え。

(続きを読む)



359