厳しいルールが効果を生む GAPが鍛える日本の農業

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

農産物の安全を確保するための規格としてここ数年、脚光を浴びているのが農業生産工程管理(GAP)だ。もともと農産物を輸出する際に有利になるとして関心が広まっていたが、2020年の東京五輪・パラリンピックで選手村などで提供する食材についてGAP
(続きを読む)



436