農家に安価な新サービスを ナノバブル活用栽培で (株)カクイチ

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

agur1610171002

農薬や農業用散水ホース、鉄骨のガレージや倉庫、そのガレージや倉庫の屋根を活用した太陽光パートナー事業など多彩な事業展開で、全国のJAや生産者に知られている(株)カクイチが、「日本を農業で元気に!」のスローガンをさらに一歩進める事業に着手。共同で実験をしながらいままでにない栽培方法を確立する「やる気のある農家さん」を、農業ワールドの会場で募集した。

共同実験をしたいとカクイチが提案しているのは、直径が1μm~数十μmという目に見えない微細な気泡である「ナノバブル」を活用した栽培方法だ。

酸素や窒素、オゾンなどのナノバブルを水中に溶存させ、農作物に散布することで、成長を促進させたり、健康な植物を育てることで、収穫量を増やすことが可能になると考えられている。(続きを読む)



396