SBS米は闇だらけ

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

160903_1農水省が、先週末の7日に、SBS米の価格偽装についての調査結果を報告した。
その内容は、価格偽装は確かにあったが、国産米への影響は事実として確認できなかった、というものである。だから、事実に基づけば影響はなかった、と言いたいのだろう。
影響は軽微だった、という報告なら分からぬでもない。しかし、軽微な影響さえも確認できなかったことになる。
これでは、誰もが納得できない。国会で野党が一致して、再調査を要求すべきだろう。

この報告書は、「輸入米に関する調査結果について」と題するものもで、SBS米だけでなく輸入米全体にも言及している。さらにTPP合意案にも触れている。
ここには、SBS米の価格偽装だけでなく、日本農業を揺るがす大きな問題が、山ほどある。(続きを読む)



72