【JA改革の本質を探る】農業協同組合の解体――新自由主義の本質 農協「改革」とTPPは一体

農業メディア「AgriFood」の最新記事を購読しよう
line_addfriens_banner

toku1609201502農協法改正を受けた農協「改革」の第一弾は生産資材価格の引き下げだ。農水省は厖大なデータを集めて日本の割高感を強調する。資材価格を引き下げられたとしても、それは農産物価格の引き下げとなり、「農業所得の増大」にはつながらない。だから買取方式に移行して有利販売しろと政府は言うが、買取主体になれば共販体制は崩れる。また、資材価格の引き下げが芳しくなければ、全農が協同組合だから非効率として、株式会社化を迫ることになる。続きを読む



72